スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

あとがきです

こんにちはエセ物書き楽師サウロンです。


いやぁ~・・・十数年間思い描いていたお話を
手抜きで思いっきり書いてしまいました・・・


お友達に聞いたところ、それはネームだと言われました。
恥ずかしながら、その辺の話しは全くと言って良いほど無知なので、
名前?とか勘違いしつつ、慌ててググってましたよ(笑)




このお話は私が当初思い描いて物とは
ちょっとずつ変化していきました。


では、私が当初思っていた事と、
今のお話に変わった経緯でもお話させて頂きます。




すんごい退屈なので、飛ばして下さって構いませんよ~。




そうそう、お話を書くのはこれで最後と思われます。
これからはまた、前の通りのブログに戻りますので・・・
(構想もないですし^^;)


read more...
スポンサーサイト
2008/01/12 | 16:42
構想コメント:2トラックバック:0

構想(お話)5

さて・・・とうとう最終章まできてしまいました。
ここまでお付き合いして下さったかたには
ホントに申し訳なく思います・・・


ここに来るまでに見放した方もおられるかも知れませんw
見てないでしょうが、ごめんなさいm(_ _)m


最終章を見て頂く前に・・・
今回、ほんのちょっぴりグロテスクな表現があります。
気分を害する恐れのある方は見ない方がいいかもしれません。
それと、クリスチャンの方は見ない方が良いです。





前回までのあらすじ
天界と魔界との戦いは、ついに人間をも巻き込もうとしました。
ハデスの策略により、ルシファーは天界の大戦争を起こし、
堕天使となり、魔界を統一しました。
しかし、自分が堕天使なったのは実はハデスの策略だと知り、
本当の堕落を味わってサタンになってしまいます。
ハデスと神に復讐を誓いますが、何故かサタンは動き出しました。
見事な計略で神から魔界を切り離すことに成功します。
魔界が・・・サタンが、天界に・・・神に勝利した瞬間でした。



第一章
第二章
第三章
第四章






read more...
2008/01/11 | 11:14
構想コメント:0トラックバック:0

構想(お話)4

こんにちは。
第四章を見る前に、クリスチャンの方は
見ない方が良いかもしれません・・・とだけ言わせて頂きます。





前回までのあらすじ
天界と魔界との戦いは、ついに人間をも巻き込もうとしました。
ハデスの思惑通り、神は人間ばかり見るようになり、
大天使長のルシファーの怒りが爆発し、
天界の大戦争を起こしてしまいます。
そして堕天使となったルシファーは魔界を統一し、
ハデスの策略によって堕とされた事を知ったルシファーは、
本当の堕落をしてしまいました。
ハデスと神への復讐を誓い、新たに人間に核を埋め込んで、
核が目覚める「その時」をジッと待っていました。



第一章
第二章
第三章






read more...
2008/01/10 | 17:39
構想コメント:0トラックバック:0

構想(お話)3

載っけてしまいます・・・ゴメンナサイ
興味の無い方は読まない方がいいかも知れません・・・





前回までのあらすじ


天界と魔界との戦いは、ついに人間をも巻き込もうとしました。
神が人間に愛情を注ぐことで、
大天使長ルシファーは神に怒りを感じます。
そしてそれが天界の大戦争にまで発展してしまいました。
ルシファーは双子の弟の新大天使長ミカエルに敗れ、
魔界へ堕ちて行きました。
その戦いで天界の天使の約3分の1が堕天使に堕ちてしまう事になり、
四大天使達の傷も深く、天界の被害は甚大でした。



第一章
第二章







read more...
2008/01/09 | 12:36
構想コメント:0トラックバック:0

構想(お話)2

前回のあらすじ


天界と魔界の争いが長く続き、
魔界のデーモン連合は神が作った人間を
魔界に引き込もうとたくらみました。
それを察知した神・エロヒムは大天使長達にも核を埋め込ませました。
核が目覚めない間も激戦が繰り広げましたが、
天界は何とか勝利しました。


第一章






read more...
2008/01/05 | 10:36
構想コメント:2トラックバック:0

Copyright © マビノギ@エセ楽師 サウロンの悩み All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。